読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルーツバイキング

好きなものを好きなだけ。

眩暈がするぐらい、眩しい

 こんばんは。明日はFree!の前売り販売ですね!!加えて明日は別件で友人とお出かけなのでとても楽しみなのと同時に…

 とても!!!!眠い!!!!

 毎日四時間睡眠で大学に行くのは止めような!!!(水曜の自分へ)

 

 さて、こんな切迫したHPを切り削ってでもパソコンを開いた理由はひとつ。今日、大学の友人に誘われて映画ハイキュー‼"勝者と敗者"を見てきて湧き上がる感想やら感情やらを書き留めないことには寝られないと思ってしまったから。そもそもこのアニメは見たことがあって、漫画も途中まで読んだことがあって……で、当然映画でやっていた内容もアニメの総集編みたいなものなので知ってるわけです。だから友人に誘われなかったら行こうと思ってなかったし(今後ハイキュー‼を知ろうと思っている人用だと思っていたというのもある)、逆に主要シーン以外は切られてしまっているんじゃないかという不安もありました。この作品は特に、登場人物すべてを大切にしている印象があったので余計。

 でも、見始めるとそんな心配はどこかへ行ってしまいました。彼らの血の滲むような努力、そしてそれらを最大に発揮する試合という刹那。気が遠くなりそうなループを、彼らは無我夢中でこなしてゆく。青春ってこういうことなんだな、とぼんやり思いました。

 うらやましいぐらいひたむきで、直視できないぐらい眩しい、煌めき。真夏の太陽のようなそれらには、尊いという言葉があまりにもしっくり来てしまう。ああ、やっぱり私は、運動部が好きだ。Free!とはまたベクトルが違う『青春』という名の輝きを持つ彼らのこれからを、これまでを、読み返したくなりました。

 個人的な感想は、アニメ本編でリアルタイムしていた時より10倍は演出が映えていてとても良かったです。及川さんのシーンが、本当に、こんなに丁寧に表裏一体の儚さと力強さ、そしてその危うさから引き戻すような岩泉さんの関係が描かれていたのか…と。影山と菅さんのコンビネーションや、ノヤッさんのイケメン度。去年、少し波らんだ心で見ていた私にも強く訴えるものがあったハイキュー‼を、見返す機会が得られてよかった。

 10月の二期も楽しみです!!!特典の缶バッチは国見ちゃんでした!