読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルーツバイキング

好きなものを好きなだけ。

そこにたしかに存在した@sideM1stLive

 こんばんは! 毎日聞いてるのはファスライのセトリなファスライ7日目勢です。 昨日の一番くじでは推しの色紙は引けなかったものの、ラバストとブロマイドはゲットできそうなのでほくほくしてます。プライズ缶も頑張ったよSRガチャ課金よりはかからなかったかな…!!!

 この感情はきっとしばらく、というか墓場まで持って行ける勢いで熱いのですが、いい加減細かいことは忘れてしまいそうなので書き残しておこうと思いブログを開きました。と言っても私はライビュ参加なので細かいレポやらはできないんですが…如何せんこういうもののライビュに参加したのが初めてで(あらしは受験生だからと断念した記憶、今思えばバカだった)、そして二次アイドル界に君臨する「アイドルマスター」というコンテンツにおけるライブに触れたのも初めてだったので、そこで色々感じたことを書きたいと思います。

  • たしかに存在した「315プロ所属アイドル」

 私は今まで生きて来てこうやって「声優さんがキャラクターとして舞台に上がり、ライブをする」という場面に遭遇したのはジャンルとして三回目なのですが、今回が一番「キャラクター=声優」ということを強く感じました。何故なのか色々考えてみたんですが、一番大きいのは声優さん方の努力のたまものであるということを前提に置いて、良くも悪くも「動いているところを見たことがない」というのがあるのかな、と思いました。今私たちユーザーが見れるキャラクターはいわゆるアニメでいう立ち絵の状態または漫画で、だからこそ色々こういう動きしているのかな、あのキャラならここでこういう顔…あっ声優さんも同じ顔してる…!!!ってなるような。小説に出てくるキャラクターを物語に沿って動かすような状態と同じだからこそ、キャラクターに見えることが何度もあったことの一因かな、と。ありがとうございます最高のライブでした…!!!

  • たしかに存在した「同志」

  そんな陳腐な私の妄想を遙かに超える声優さん方のキャラクター寄せとこのMマスに対する愛を感じて本当に感動しました。動いている、アイドルマスターsideMは現実なんだ、と。今までリリイベやお渡し会の様子はワケ生などで目にする機会もあったし、315プロnightも毎週配信されているけれど、やはりネットを介していることでどこか現実味がなかったというか…
 そんな現実なの?なんていう気持ちのままライビュ会場に入った時の、ほぼ席は満席、周りからはMマスの話題が聞こえる、そしてグッズを付けたプロデューサーがいる…という環境にまず感動しました。本当に。アイドルマスターsideMをみんな知ってて推している、これが現実なのか、と。あまりにも自分の周りに最近まで居な過ぎたのがこんな気分になっていた原因だと思うんですが、本当に感極まって始まる前から泣きそうでした。ありがとうsideM、ありがとうファスライ。ペンライトの海でみんなで声の揃ったC&R、イントロで沸く会場、なにもかも大切な思い出です。

  余談ですが、昨日のMマスくじで少しだけ男性Pさんとお話ししたんですがこういうシチュエーションがあり得るのはもしかしてアイマスコンテンツだから…!?!!と今更ながら思いました。ライビュ会場でもコール引っ張ってくれたのは男性Pさんでしたし、こう男女ともに愛されるジャンルっていいよね…!!(誰)

  • ありがとう315プロ

 少しだけライブ本編の話をさせてください。終始泣いていました。(完)一人で参加だったのでまさか泣くわけにはいかないと思っていたのですが、OPムービー(?)でアイドルが次々に紹介され、OPのドアラが流れてきて…気付いたら泣いてました。現実、Mマスは現実で本当にこんだけの人が応援しているジャンルなんだと思ったら感無量で…本当に誰目線なんだって話なんですけど…途中から唇噛みしめてて変な顔で見ていたので本当にライビュで良かった、スマエンで必死に涙をこらえていた顔は確実に見せられるものじゃなかった。(BeitPです) 
 あと何よりJupiterが…!!私今再放送しているアイマスアニメでやっと追ってる新米すぎる新米マンなのですが、泣きました。きっとアニメを見終わったあとに見たらさらに心に来るんだろうな、今見てしまっていいのかな、とも思ったんですが、あそこでJupiterが見られて、こんなに貴重な瞬間に立ち会えて幸せでした。

 

 本当はもっとアイドルとして声優さんが舞台に立つ話とか掘り下げたかったのだけれど、とにかく最高!!!!315!!!!のライブだったことを何よりも伝えたいです!!!!!!ありがとうsideM!!!!!円盤楽しみにしてます!!!!!