読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルーツバイキング

好きなものを好きなだけ。

カルライLVにお邪魔してきた話

一昨日、カルナイのLIVEエボリューション2017のLVにお邪魔してきました。
私はうたプリではスタリ推しの那月担なので、どちらかというと今回は完全なファンという立ち位置より、普段応援しているアイドルの先輩のライブを見せていただく、という気持ちで参加しました。普段は同じ事務所のアイドルとして、私も気持ち半分以上ファンなのですが(笑)、こういう線引きはやっぱり大事かなと思いました。ただ面倒なオタクなだけです。
何より、うたプリ史上初のライブビューイング開催に貢献したかったのもあります。ありがとうございます!!!!!!

 

ライブの感想としては、本当に「そこにQUARTET NIGHTが存在した」なと。本当に。あそこで歌い踊り楽しそうに笑う彼らは、確実にカルナイそのものでした。私が特に凄いなと思ったのは、OP映像でした。キャラクター絵ではなく、声優さん本人が、キャラクターがしそうな動き、表情、そして雰囲気を醸したまま会場に向かって来る。あそこの映像に映っていたのはたしかに声優さんなんですが、あの映像からは本当にキャラクターしか感じませんでした。そのなかに見えた、声優さんがたのキャラクターへのリスペクトの姿勢、そして大切にしてくれているというのが痛いほど伝わってきて本当に……あれは凄い映像だった。集団幻覚めいていたので(???)ちゃんと映像として残していただいて、現実だったと確信したいです。公演中も何度も何度も、それこそ常に、キャラが被って見えたり、隣でキャラが笑っているのが想像できたり……。本当にカルナイはすごいなと思いました。

そして個人的に嬉しかったのは、スタリの名前を出してくれたことでした。一番はじめにカミュ様がソロ前に出してくださって泣きそうになったのに、何度もありがとうございます。気にかけてくださることが何より嬉しかったです。そして今後とも、後輩をよろしくお願いします…!

 


今年はなんと初めて現地のほうに行かせていただくので、あの迫力を生で見られるかもしれないと思うと本当に楽しみです!!カルライ最高でした!!!お疲れさまでした…!!!

ずっとずっと、その先へ@sideM 2ndLive

どうも、セカライの余韻から抜け出せない、そんな毎日を送るセカライ10日目勢です。そろそろアンケートの期限がせまっているのと、この高揚感と満足感と、ふとした時に泣きそうになる不思議な気持ちを書き留めておきたくて。久しぶりに文字を打ってます。

withdreamz.hatenadiary.jp

去年、私はこんな記事を書きました。この記事を読むと今でも、一面のペンライトが綺麗な景色を思い出します。あの時本当に行くか悩んでいたんですが、行ってよかった。あれからチアリング上映会、アニバCD、プロミ、そして身内にもPが増え始めて、円盤が発売されたら鑑賞会をしたりして。オリピシリーズも始まって。たくさん、たくさん思い出が出来ました。SLが完走し、推し全員が話した時は本当に嬉しかったです。

そして今回、はじめてsideMでの現地に行かせてもらいました。本当に今回のライブは不思議で、ふとしたときに「セカライで何歌うのかな」っていまだに考えている自分がいて。終わった喪失感よりも、胸がいっぱいになるような満足感と、これからの期待で、とても幸せな気持ちになったなあ、と。こんなに大きな舞台で、しかも全員に声が付いた状態で、最高のステージを迎えられる嬉しさが、今でも継続しています。

  • 一昨年と同じことを思った話

一昨年(もうそんな前なんですね…)見た時から、声優さんがステージの上であまりにもキャラクターと同じような表情をして、同じような動きをしているなあ、これがレンズ越しじゃなくても同じことを想えるんだろうかってずっと思っていて。今回念願叶って参加させていただいた感想は、「やっぱり本物だった……」でした。曲中、普段の声優さんとしての彼ならこんな表情をしないだろうと思うようなぞっとするぐらい切ない顔をしていたり、キャラクターがダブって見えたり。私は正直どちらかというと、普段は声優さんとキャラが隣に肩を組んで立っていて、ステージの上では声優さんとともに踊っているか、憑依しているのが好き…という、割と面倒くさいタイプなのですが、それを完璧にクリアしてくるこのジャンルは本当にすごい。私は特にピエールが好きで、なおかつほりえくんも好きでまったり追っていたりするのですが、彼の場合はキャラクターと一緒に踊っているイメージだなあと思っています。横でピエールが「しゅん、楽しいね!」って笑ってるイメージ。人数も増えたなかで、誰一人としてキャラクターを感じられないひとがいなかったので、本当に声優さんがたには感謝と、私たちと同じ気持ちでキャラクターを大事に思ってくれているんだなあ、と泣きそうになります。今でも。

私はあまり声優さんに明るくない人間だったので、あまりそれまで中の人である彼らの普段の「キャラクターを介さない」状態の彼らを見ようとは思ったことはなかったのですが、sideMの中の方々は知れば知るほどみんな好きになってしまうのをやめたいです(笑)そして普段からこういう考え方、生き方をしている彼らだからこそ魅せられる「大好きなキャラクター」の声を今聞けているのが本当に、本当に幸せで。かなり前に公式がインタビューで言っていた「オーディションによって、アイドル達の声として、本質として本当にあっているか決める(ニュアンスとしてです)」を、全うしてくれてるんだなあと、思いました。少しだけ、本当に少しだけ、もしかしたら私は無理かもしれないと思っていたので、最高のステージを魅せてくれた彼らにありがとうを伝えたい。なかのひととして仲が良くて、キャラクターを大切にしてくれる彼らが声を当ててくれて、本当に感謝しかない二日間でした。

  • 現地で見た景色の話

本当に今回はたくさん交流が出来てうれしかったです。前回、前々回も隣の方ととても名刺交換したりなんて出来なくて、ああ難しいんだろうなあとぼんやり思っていたので、今回結構気さくに話しかけてくださる方がいて、これが現地Pの交流の仕方なのか…!!!!アイマス文化だ…!!!!って興奮しました(笑)あと本当に、コールがほかの男性アイドルライブの比じゃないぐらい多くて声が出てるのと、サイリウムの海が綺麗でした。現地はリアルに声が届いたり、サイリウムの色が彼らに視えたりするのが本当にすごいですよね・・・・・・・・私たちが演出の一部というか。今度があったとしたら、もっとペンライト持って行きたいと思いました。もっとキラキラな景色を見せたい。

  • どこまでも一緒に行きたいと思った話

そして、二日間どちらも発表がありました。まず、賢ちゃんの声が実装されてあ~~~~もう本当におめでとう山村~~~~!!!!!!!!;;;;;;;ずっと私たちをバックアップしてくれていた彼には感謝しかないです、これからもアシストよろしくお願いしますね…!!!!47人全員声が付いて、スタートラインに立てたと思ったらもう新展開が発表されました。早い。待ってほしい。

リズムゲーム化(たぶん)とアニメ化。

アニメ化?アニメ化ですよ。一日目も推しが動く!!!!!ってとっっても嬉しくて。友達に「総選挙かな?新人発掘その2かな?」って言ってたらアプリ~~~~~!?!!!!!オンステージ!!!!!!!?みんなにプレイしてもらえる~~~!!!!!みたいな感じで泣いたんですよ。そしたら二日目。プロジェクトアイマス?何?新PV?あ、あ、あ、ドラスタ、あ、アニメ・・・・・・・・・・・????アニメだ~~~~~!!!!!!!?って。隣の友人をゆさゆさゆすってしまいました(こわい)(ゴリラか?)本当に、本当に、ずっとずっと先に、それこそ三年後ぐらいに、ゆっくりペースで、アニメ化したらいいなあなんて思っていたので、まさか、まさか・・・・・まさかsideMがアニメ化するなんて。現地で聞いたあの会場が揺れる様な大歓声と歴史が動く瞬間を見た感動は、ずっとずっと忘れたくないです。アニメ化かあ・・・・・・・・・・・・全然実感が、わかないです。本当にアニメ化する?現地でいただいたビラを見て毎回びっくりしてます。本当に。アニメ化かあ・・・・・・・・・・・・

 

これから、ツアーがあったり連動してオリピがあったりと、楽しいことしかないのが本当に。アイドルマスターsideMにもっともっと貢献して、ずっとずっとその先、あわよくば一番高いところへ、大好きなアイドル達を連れて行きたいなあと思いました。最高に楽しい二日間をありがとう!!!!

2016総括&2017抱負@年明けてます

 去年の総括読んで、そういや去年よりバイトのシフト入ってなかったにも関わらず総括してなかったな、と思ったので。昨日も今日も休日だったのにもうこんな時間だよ!!最近どんどん時間の使い方がへたくそになっているの本当にどうにかしたい……

去年に関しては、

・ドームコンサートに行けた

・ジャンル増やしすぎて死にそう

・深刻な文章力不足

こんな感じだと。ひとつひとつ詳しく反省したり懐古したりしようね……

  • ドームコンサートに行けた

 これはもう去年最大のニュースでした!!!安定して天井だったけど「中に入れる」って状態がひたすらにうれしかった。あまりにも好きだと思った。ご縁があって銀テを頂いたのも含めて、はじめて尽くしでした。こんなにもあったかくて優しい空間なら、もやもやといろいろ考えることもなかったなあと思いました。そして先日の紅白、カウコンまで含めて、多幸感に溢れた彼らの関係性を表すのが「Are You Happy?」の答えなんだと思いました……。いつも幸せをありがとう。今年の年賀状のあいばくんの鳥がとてつもなくかわいくて勘弁して欲しい(かわいい)

  • ジャンル増やしすぎて死にそう

 あのですね。2016年、新しくぶんすととど!にもハマってしまったんですよね。いやジャンルの名前は些細なことなんですが、まず金を使うべき場所をしっかり分けないと死ぬことを痛感した一年でした(とおいめ)バイト代は有限。お金は有限。なんで好きの気持ちは無限なんだろうね…破産する…!!!何かと箱買いして山分けするのが好きなんですが、まああほみたいにジャンル増やしたら無理ですよね~(まがお) もっとお金は大事に使おうな本当に お金ジャンルに落とすの楽しいのはわかるんだけどな 死んだらどうにもならないからね……

  • 深刻な文章力不足

 そのままです。面白い話が書けない病気か?ってはじめは思ってたんですけど、本を全然読まなくなったことによる文章のワンパターン化と、自分の文章力のなさに妥協しながら原稿を出さなきゃならないのがしんどいことによ書けなさなんだなって思いました。あと昔からそんなに面白い話なんて書けてなかった(笑) 20歳を過ぎて余計に頭が固くなった気がします~~~~~つらい

 

はい!以上が半分懺悔と懐古でした!いや~~去年は後悔することしかないぶん、楽しかったことも多かったけどそれも後悔につながってしまっているような一年だったと……なんて暗い…… よいこともたくさんあったんですよ!!友人が私の好きなジャンルに来てくれたのは本当に嬉しかった~~

2017年の目標としては、

  • お金の出入りをしっかりメモする(お小遣い帳アプリの活用
  • お金の使いどころを見極める
  • ひと月に3冊は本を読む
  • 情報を追うのを諦めない

四つめ突然なんだって感じですが、12月本当にオンオフともに忙しすぎて情報を追うのを諦めかけてたんですよね……Twitter見るより寝たくて、通知もめちゃくちゃ溜まって間違えて消してしまったり……なので、今年はしっかりどうにかして情報を自分で追うようにしたいです。忙しさは趣味怠慢の理由にならないと思っているので。

あと、二つめは満を持して、推しジャンルがほぼソシャゲになりつつあるのが大きいです。もしくは紙媒体になっているので、今年は、

グッズ<<<<円盤、ソシャゲ、漫画 

を特に意識してオタクしたいなあと。公式に落ちるお金の量、そして置く場所のないグッズたちを見て思いましたまあなんだかんだで絶対買っちゃいますけど

 

今年も良い一年になりますように~!

 

奇跡みたいに幸せな空間(ネタバレあり)

あゆはぴコン、昨日の公演に参加してきました。

ドームツアーに参加するのは初めてで、ひたすらに感動していました。嘘みたいに楽しくて幸せで、こんなに楽しいで満たされる空間が存在するなんて思ってませんでした。冗談じゃなく本気で。パッケージがぼろぼろになるほど見たDVDでもBDでも録画した番組でも感じられなかったほどの幸せが、こんなに心を満たす時間があるなんて思ってなかった。ここまでとは思っていなかった。

今、とっても、とても、好きだという気持ちが溢れそうです。私が好きになった彼らは、何年経っても変わらず、幸せを届けてくれていたんだ。正直、色々自分の中でも葛藤や悩みがあって。そろそろ潮時かなって思っていました。今回、本当に行っていいのかも悩んで、そんな中でもアルバムやCDは買っていた、んですが。

今回、こんなにも幸せな空間を共有させてもらえて、たった五万五千人のうちの一人として参加させてもらえて、ふっと気持ちが楽になりました。私は嵐が好きで、彼らを応援したい。その純粋でまっすぐな気持ちで応援していたあの頃を、ぼんやり思い出して。そこに他人の評価だとかそういうものは存在しなくて、ただ好きの気持ちがあればいいんだって、思いました。「君だけが 君らしいから」この歌詞が、大好きです。

まつもとくんのソロ、オレンジとスカイブルーがきれいでした。こんなにたまらなく「好き」だという気持ちが止まらないソロは初めてでした。大好きだと思った。何回だって彼に恋に落ちてきたのに、ここにきてまた、恋しました。シンプルに歌い上げる彼が、柔らかく微笑む彼が、あたたかい優しさに満ちた彼が、好きだと思いました。そしてこれが、彼の「Are you Happy?」への答えなのだとしたら、全世界が恋に落ちると思いました。駄目。あまりにも好きすぎる。彼だけが、彼らしい。それが全面に出ていて、好きにならないわけがないんだ。

それから、彼らと時間を共有して、私たちの持つペンライトの演出で、彼らが輝く。最高でした。途中の演出で、私たちのペンライトが創り出した街をバックにドライブするシーンがあるんですが、それを見たとき、本当に私の理想のファンとアイドルの関係性だなって思いました。アイドルが楽しそうに笑いながら眺める景色を、私たちが創り出す。これからも、彼らが笑って楽しく過ごせるような世界を創るために、微力ながら応援したいと。

世界で一番幸せな空間を、ありがとう。

Are you Happy?

―Yes,I'm very Happy!!!!!

花畑に飛び込むように優しく

こんばんは。風がすごいのとバイト連勤務中芸人ですどうも。風強すぎない?明日のすぱこみ大丈夫なの?ちょっと心配になってくるレベルなのでおつかい頼んでしまった友人が心配です……

さて。見ました。99.9第二話。(遅い)(めちゃくちゃ遅い)

前回飴が果てしなく頑張っていた(笑)印象が強くて、今回も何回出るかな!?!飴を介してじゃないとうまく声をかけられないかもしれない深山くんどこかにいるかな!?!って期待してたんですけど…たぶん一回でしたね!!しかも今回割と深山くん普通の人間じゃなかった!?!あれ!?!!って動揺してます。二話にして深山くんの魔法に掛かっている説はおいておいて、突然殺人現場で寝転がったりしないし急に動き出したりしないし、普通に聞き込みして普通に事件解決してなかった…??

いや、あの浮浪者?のおじさん方のところに二日泊まり込んで行方くらましたり、突然静岡行くって言ったり、突然頭ドアに打ち付けたり、何より感動のラストシーンで何事もなかったように立ち去るのは普通じゃなかった…気も…してきた……分からない…まだキャラクターの掘り下げもそこまで…って感じですし、先週のは彼の人格性考察にも進展があったみたいなので、今回は普通だったかもしれないってところに留めておきます。かざぽんの演技もとっても良かった~…!!!テレビ誌で仲良く話しているオフショが幾つもあったの思い出しました。

それで、裏話なんですけども。あのシーンだったんですね!!!!花畑にふわっと倒れる!!!!まつもとじゅん!!!じゃなかったみやまひろとは!!!!花畑に抱かれるみやまくん狂おしいほど尊くて儚くてむりです…あそこ拘置所の廊下じゃないよ…北アルプスのふもとにある一面の花畑だよ……個人的に手の流れが花を慈しんでなおかつ「牛は悪くない!」「鰻に悪い」って発言をするみやまくんが「花が可愛そう」って言いそうな彼を表現して特に優しく倒れてる気がしました。好き。

あと序盤の調味料入れ倒すまつもとじゅん~~~~あれはみやまくんじゃなくてまぎれもないたんぽぽオムライスとんとんできないっっなまつもとじゅんくんだよ~~~たしか何かで読んだけどもあれアドリブらしいよね……ヤベッって頭の中で思ってるまつもとじゅんくんカワイイを受信しました!!!!そんな可愛いところもみやまくんに当て書きされてると思うと花畑のくだりもめちゃくちゃ愛おしくなってしまう…可愛い…

 

来週は立花先生が大活躍らしく!明日見られたらいいな!!!

 

はじめまして、みやまひろとくん。

 こんばんは~!あらしさん、アリーナツアー初日お疲れさまでした!!私は今回も当たり前のように(笑)参加できないのですが、変わらず楽しそうなレポに癒されます。八月まで駆け抜けた末にはじゃぽとアリーナツアーの円盤がありますように…!!何ぞと…!!!!しぬほど行きたかった…

 さて。やっっっと。纏まった時間が出来たので、99.9-刑事専門弁護士-第1話見ました。じゅんくんのなかに落とし込まれた彼がどんな雰囲気を纏うのか。どんな解釈をしたキャラクターが出来上がるのか。前情報として雑誌のインタ程度しか入れられてなかったので(事前番組も早く見たい)、幾度となく繰り返していた『当て書き』されているところは、そしてみやまくんとしてのキャラ要素はどこなのか、など色々考えながら観ようと思ってました。

 当たり前のように無理でした!!!!!

 そこにいるのはどこを見渡したってまつもとじゅんくんではなくみやまひろとくんでした。どこまでもみやまひろとくんが存在する、そんな世界でした。震えた、じゅんくん、震えたよ…!!!!!今回何度も当て書きの話をしていたので、正直同一視してしまいそうで不安…とまではいかないけれど、これもまつもとじゅんとしての一部と錯覚しそうな予感があったのだけれど。すごい。この一言です。

 ストーリーも刑事専門弁護士とは?弁護士との違いは?そもそも刑事裁判と民事裁判の違いは何だったっけ?状態の人間が見ても(勉強不足過ぎる)追える優しいペースと独特な面白さが融合していて、見ていて飽きない楽しさでした。ホントに一時間以上あった??えっ??ってレベルだった。今まで日曜劇場を見たことがなかったのですが、堅苦しそうに見えていた過去作品も実はめちゃくちゃ面白かったのなら勿体ないことをしたな…!!?と後悔したり。そしてその名だたる日曜劇場の中に、主演として名を並べることになるじゅんくんを改めて、ほんとうにすごいひとだなあ、と。

 個人的に見ていて楽しかったのが、序盤のエレベーターでフラフラ頭揺らしてるみやまくんですかね!!あと料理!!!ありがとう!!!!!腕まくり勝訴!!!!!ありがとう!!!!!白シャツ!!!!!謎が解けた時の駆けだした彼の嬉しさ?歓喜の猛ダッシュがなによりもああ、このひとはひたすらに、いい意味で真実が知りたいだけなのだなと思いました。謎を解くという点ではとてもしゅんたろに似てるなとも思ったりしたんですが、むしろ正反対ですよね……きっとしゅんたろだったらパラリーガルと同じようにひたすら走らされそう…それで「なんなんだよ!!!!」ってキレてもまったく動じないみやまくん…あっっしゅんたろ腐れ縁とかそういうのとても良いコンビな気がする……(戯言)

 これからメンバーとどうなっていくのか、とても楽しみです!来週はかざぽん!!

今さらなじゃぽ感想

 こんばんは。眠い。疲れがどっと出て見事に体調崩してる芸人ですどうも。喉痛い早く治ってくれ~~…今日はそういえばやってなかったじゃぽの楽曲感想をぼちぼち打って行こうと思います。ツアー終わったけど()アリーナあるからセーフセーフ!!

  • Sakura

PVの印象がかなり強い。あの老木に幻覚の桜を咲かせるシーンが綺麗で…あとイントロが好きです。軽やかなテンポに合わせて舞うあらしがきれいで…背中を合わせる様なフリをするすえずが艶っぽくて。ウロボロスやってたのそんな前だったかとも思わせられる曲。青空をバックに気持ちよく歌ってるような印象。

  • 心の空

タイトル見た時とのギャップがすごかった。てっきり虹のカケラやふるさとみたいな優しくてあったかい、包み込むようなバラードだと思っていたのに、ラジオで聞いた時の衝撃たるや…… 突然アカペラ!?!そしてこんなガツガツしてるの!?!待って…ちょう格好良いけどいい意味でタイトル詐欺なのでは…!?!!と目を白黒させた記憶が。ギターがめちゃくちゃ格好良いです。すごい。

  • 君への想い

イントロが和っぽい音を使ってるなあ…と思ってからの柔らかくて優しい、ある意味で心の空に求めていたイメージをそのままあてはめたような曲。ほんとうに優しい声で歌うなあ、としんみり。全体的に音が優しい。あらためて聞くと切ない歌詞…?なのかな…?(感受性皆無)

  • Don't you love me?

イントロで脱いでる(確信)からの思ったより脱いでないという評判だったソロですね!!!()個人的にまつもとくんの声がすごい好きなので英語の発音がすごくすっごく好きです…はじめて曲聴いたときは去年のソロみたいに普通に踊れそうな曲だな~脱ぐかな~って思ってたんですがパルクールでひっくり返りましたとも…DVD楽しみにしてます…

  • miyabi-night

順番に聞いててやっとじゃぽのタイトルに相応しい曲が!!たりらりら!!!!と興奮した曲。イントロから歌詞まで全力で和っぽさを感じてあ~~これ着物着るかなあ~~楽しみ~~と思いながら。着物っぽい衣装着てたのなんだったか記憶から抜け落ちてるのでDVD楽しみにしたいと思いまっす!!

  • 三日月

水滴が落ちるモーションの脳内再生が止まらない曲。your eyesのPVとからぶコンのそういう演出があった楽曲(タイトルが思い出せない…見返そう…)と通じるものを感じました。上品な豪華さと寂しさを感じる雰囲気。月っていうタイトルに引っ張られてすごく竹取物語を感じてしまっ…

  • Borelo!

ぼっれろー!ぼっれろー!!!初めて聞いた時から一番好きな!!!曲です!!!たのしい!たのしい!!絶対楽しいやつだ!!!!これからもライブで歌ってほしいのが本音だけど難しいだろうな…ぼっれろーしてたのしそうなあらしちゃん見たい…楽しさだったら太陽の世界あたりと並ぶ楽しさで…ぜったいたのしい…

  • Mr.FUNK

ふぁんく様~~!!!!ディスコスター様でキャピりたかった()枠としては今年もあいばさんこういう方向性か~~!!!すきだ~!!と思いながら演出に思いを馳せてました。すごかったな…みんなすごかったんですけど特に今年もでるは特にすごかったなというのが…怪我しなくて本当によかった…

流れ的にそういえばこのアルバムじゃぽにずむだったな…とはっとさせて戻してくれる曲。和を感じる曲調とリーダーの絶妙な歌声がシンクロしていて本当に綺麗…のひとことに尽きます。暁っていうタイトルもいい。ピシッと決まっていて、まるで書初めに使うために墨を擦ったときのような気持ちにさせてくれる。聞いてて気持ちいい。

  • 青空の下、キミのとなり

これも去年だったのか…という感情がry 色んな意味で衝撃だったのを思い出しました。ストーカーに追われる家族の話なのに、こんなに爽快な始まり方でいいの!!?!こんなに明るい曲でいいの!?!!っていうのが… でも底抜けに明るいPVのラストで、五人を誰かが見ている(見ていた?)っていう設定だったのはすごくすごくヒヤッとしたしそこまで含めてこの楽曲なのかな…と考えて落ち着きました。

  • Rolling days

さくらいさんの低い声質が楽しめる曲だな、と初見の時は思いました。全体的に低めで暗めの曲調にもゾクゾクしますよね…いい… ライブでの様子見ておおこんな感じなんだ!?と一番意外性を感じたソロでもあったり。ついつい聞き込んでしまう曲です。サビのBGMも絶妙で…好き…

  • イン・ザ・ルーム

もう初っ端のにのみやさんが好みすぎてもう勘弁してくれ…と思っていたらメンバーが加わってあああっ…好きだ…(語彙力の欠如)はじめて聞いたときにのみやさんのソロかとばっかり思いましたからね!?!!ライブでの演出がめちゃくちゃ楽しみな曲でもあります…らぶの時のスパイラル的な立ち位置になるのかなフフフ…と思いながら。早くDVD出てくれ。こういう妖美でえろっちいのもあらしさん似合うからほんとすごい…

  • マスカレード

イントロの勢いが好きです。ちょっと昔を感じるような曲調が。インタでもちらほら見かけた昔を意識した~的な内容になるほどこういう…と頷いた記憶。どうしてもしやがれで前仮面舞踏会歌ってたのを思い出しそうになってしまうのは仕方ないと思うんだ()サビ前のハモりも気持ちいい。音域がっだんだん上がっていく感じ。

  • MUSIC

かわいい。イントロの音からひたすらにかわいい。かわいい。久しぶりにギター弾かないかもみたいな話をチラッと見ていたのでこれで踊ったらかわいいんだろうな~~と思ってました。曲調がかわいい。WSで見かけた衣装とダンスがなんともかわいい感じだったのでとても!楽しみです!個人的に声を加工(?)しているのも珍しいな…とぼんやり。いや~まるっとかわいい。

  • 伝えたいこと

始まり方が壮大だな→そろそろ終わりかな…と思わせてくれる曲。遊園地の閉園前に歌ってそうな曲だなと。明日が来るよ、また明日遊ぼうね。そんな夕焼け頃に聞きたい曲です。柔らかいんだよ…いろんな雰囲気を纏うあらしさんのなかで、やっぱりこの優しくて柔らかい雰囲気が好きの根本なのかもしれない、と思い返させてくれる曲です。

  • Japonesque

からの締めでこれを!!!!持ってくる!!!あらし!!すき!!!!まだまだ祭りは終わらせないぞっていう気合を感じる並びだいすきです。タイトルもいちばんアルバムタイトルに相応しい気がするし、曲調も歌詞も和を感じるし…色々回ってきたけれど、俺らが見つけたじゃぽにずむはこれだ!という気持ちを感じる曲。おどりあかーせ!!べいっべー!!

 

かなり長くなりました…

曲聴きながら主観で打ってるのであしからず…

じゃぽも名盤だからみんな聞いてほしいおねがいします!!!!